20130404 /

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
20130404 / 16:19


これまでにないくらい放置してしまいました、もう怒られても仕方が無い…
むしろまだ見てくださっている方がいるのかさえあやふやですがそれでも見てくれているあなたのために書きます…!!ヽ(;▽;)ノ←誰やねん。


ばたばたとしてしまい、お正月からあっという間に新年度となってしまいました。3月はlike!SHINJUKUというカフェバーにてポストカードを販売させて頂いたりしていましたが、とにかくこだわり抜いた末なんと4セットしか作ることができず、ここで告知しても在庫の保証ができないな…ということでお知らせしませんでした。すみません。。

5月に上野のフリマにて、今度は刺繍のエコバッグを販売しますのでそのときはお知らせ致します!画像などはまた後日。。

4月はふわふわ、世の中はばたばたの宙ぶらりんな季節ですがそこがいいね

今年の花見はあっという間に嵐で散りあまりできませんでしたが桜は見れました。

大事大事といいながら、4月は今年の終わる頃になるとなにがあったっけ?と忘れられてしまういいかげんな月なので、そこそこふわふわと浮いたまま過ごしたいものです、

つぎは近いうちに書きますね、わたしはげんきです!

20130124 / 01:29

さいきんうれしかったことは、コクリコの海ちゃんに似てるといわれたこと!笑

前にもジブリに出てきそうだよねって言われたことがあります。いや…ほんとかどうかはさておき、普通にかわいいと言われるよりうれしい。



そしてご報告です
祖父が、昨日の未明に息を引き取りました。
わたしはそのとき千葉にいて、眠気眼で電話を取ったというかんじ。
でもその3日前にお見舞いにいっていて、もう自力で呼吸を出来ずに機械を装着していた祖父を見て覚悟していたことではありました。
末期は話すことすらできなかったけど、かろうじて呼びかけると目を少しだけ動かす意思表示を必死でしてくれていました。

祖父とは小さな頃から一緒に住んでいて、私の親族は皆長寿なのでその中で人を失ったのは初めての経験でした

89歳まで生きた祖父。最後は苦しまずに逝ったということだけを確認して安心しました。
好きな人と死ぬまで寄り添って、その遺体を見つめるということがどういうことなのか
私は祖母の横顔を見てもわからないけれど、
棺に初めて、人を納める儀式も経験しました。
大好きだったお酒と帽子、靴、寒くないようにダウンジャケットも入れてあげました。
ひとはほんとうに死ぬと冷たくなることや、硬くなることを知りました。
そして魂が抜けているのもはっきりとわかりました。

でもこうして見送れることは本当に幸せなことだと思います、

気持ちの整理を付けながら、最後まで送り出したいと思います。











20130119 / 23:55


あけましておめでとうございます。

って、めちゃめちゃ遅い挨拶になってしまいましたー申し訳ありません!!

課題で短い動画を撮りました。

といってもささやかな雪景色ですがよければどうぞ!

さむいねさむい。冬だね。



1/108 >>
skin / uterus/About